×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライフカードレディース初日♪

ライフカードレディースは初日、今季好調、地元熊本出身で初優勝の期待される上田桃子が2アンダー70で回り、唯一のアンダーパーで単独トップに立った。 ライフカードレディース初日2位にはイーブンパー72で青山加織がつけ、地元熊本勢が上位を占めた。賞金女王の大山志保は5オーバーの27位タイ、地元での復活優勝が期待される女王・不動裕理も6オーバー38位タイと出遅れるなど、強風の中多くの選手がスコアメイクに苦しんだ。トップを走る上田は昨年もライフカードレディースで初日トップ。その後はスコアを崩したが、この1年で大きく成長し初優勝目前と見られている。「地元の声援を味方につけて、優勝の狙える位置につけたい」と、2日目に向けた抱負を語った。毎年このライフカードレディースは注目しているが本当に面白い♪どの大会でもそうだが初日からペースをとることは大事だなと感じた初日でした。


>> レディース用ゴルフグッズを楽天ショップで探してみよう★

ライフカードレディース2日目♪

ライフカードレディース予選2日目、前日の強風は収まったものの、ツアーを代表する難コースにスコアが伸びない。そんな中、首位スタートの上田は4バーディ3ボギーで堅実にスコアを伸ばした。昨年のライフカードレディースでは2日目に大たたきをしたが、地元熊本のファンにその成長した姿を見せつけた。2位にはこの日2つスコアを伸ばした韓国の辛 R周がつけ、イーブンパーでやはりこの日2つスコアを伸ばした原江里菜が続いた。ライフカードレディース予選ラウンドを終え、9オーバー40位タイまでの52名が予選を通過し、いよいよ明日の決勝を迎える。やはり注目は上田桃子だろう。昨年の失敗を今年はしっかりといかしている。この1年で最も成長した選手の一人ではないだろうか?そんなことを考えながら最終日をわくわくしながら迎えた。

ライフカードレディース最終日♪

ライフカードレディース最終日、大会が始まって最も多い9千名を超える大ギャラリーが見つめるなか、首位スタートの上田桃子は地元の大歓声と初優勝へのプレッシャーの中、堅実なプレーを続けた。この日も2つスコアを伸ばした上田は、終わってみれば2位に6打差、唯一のアンダーパープレーでのライフカードレディース完全優勝。日本中のゴルフファンが待ちわびた初優勝を、完勝で鮮烈に飾った。初年度の横峯さくら、2006年の不動裕理と、実力者にしか勝てないこのライフカードレディースを制し、女子プロゴルフ界を引っ張るスタープレーヤーが、またしても熊本の地で誕生した。2位には1オーバーで原江里菜、3位には15番で大きなトラブルに見舞われた辛 R周が入った。なお、ライフカードレディース2連覇で復活を目指した不動裕理は、最終日に意地を見せて4位タイに、横峯さくらは11位タイに入った。次回のライフカードレディースも楽しみだ♪

Copyright © 2008-2009 ライフカードレディースを楽しく観戦しよう♪

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。